PERIODIC REPOGT

定期調査報告代行

完成してすぐの建築物は法律に適合し、安全性も確認され、設備機器も十分機能しています。しかし、時間の経過や使用状況によって建築物は劣化し、設備機器も十分機能しなくなってしまいます。例えば、外壁タイルの落下により思わぬ事故が発生し、建築物の所有者・管理者は社会的な責任を問われる場合があります。また火災や地震のような災害が発生した時、二次災害に発展するおそれがあります。このような状態になる前に、定期的に調査や検査をしていれば事故などは未然に防ぐことができるはずです。つまり私達人間が健康を維持するために健康診断を受けるように、建築物にも健康診断が必要なわけです。定期報告制度は、建築物や昇降機などの定期的な調査や検査の結果を報告することを所有者・管理者に義務づけることにより、建築物の安全性を確保することを目的としています。
定期報告の流れ
1. 予備調査
・設計図書の確認
・増改築、用途変更等の有無
・従前の調査等の有無
・ヒアリング(アスベストの有無等)
2. 調査計画作成
・設計図書の確認
・増改築、用途変更等の有無
3. 資料チェック
・設計図書、従前前の資料確認
4. 事前通知
・調査日や時間、内容等の掲示
5. 調査・検査の実施
・現地調査実施
6. 報告書作成・提出
・設計図書の確認
・増改築、用途変更等の有無
業務終了
料金設定
定期検査における費用
〈基本料のみによる算出〉
検査基本料 ¥50,000
換気設備 ¥35,000~
非常用照明 ¥35,000~
※別途報告手数料が必要となります。
※交通費を別途清算させて頂く場合があります。

※防火設備検査の業者による作業がある場合は、別途ご請求させて頂く場合があります。
定期調査における費用
〈面積による算出〉
調査基本料 ¥50,000
~1,000㎡ ¥35,000
~3,000㎡ ¥50,000
~5,000㎡ ¥65,000
~7,000㎡ ¥80,000
7,000㎡~ 応相談
※別途報告手数料が必要となります。
※交通費を別途清算させて頂く場合があります。
赤外線調査建物診断
特殊建築物・定期報告での外壁診断は、赤外線カメラ使用なら足場を組む必要もなく、打診による前面外壁点検に比べて大幅に費用を抑えることができます。交通費などの実費を含んでも、赤外線による特殊建築物定期報告のタイルなどの外壁診断~報告書作成なら、足場組みやゴンドラ設置の必要のある打診法に比べると大幅に費用を抑えることが可能です。
震災を機に定期報告制度の必要性がますます高まっています。
東日本大震災では数多くのビルでタイルなどの外装材が剥落しました。さらに2008年に強化された建築基準法に基づく定期報告制度の本格実施も相まって、2011年4月以降、共同住宅や事務所、学校などの特殊建築物を対象に外壁タイルなどで大掛かりな点検の実施が本格化する見通しです。
当社では、従来の全面打診と同等の調査方法として国交省に認められている『赤外線調査診断』を軸に定期調査報告業務を行っております。お値打ちで精度の高い解析ができる最新調査方法です。震災を機に、“より災害に強い都市づくり”が叫ばれている中で、澤田建築事務所ではこの『定期調査報告業務』を通じて、オーナー様の安心・安全な建物管理のお手伝いをサポートしてまいります。
赤外線の特性とは・・・
赤外線リモートセンシングシステムを使用し、建物から放射される赤外線エネルギーを感知。赤外線エネルギーが電気信号に変わり、増幅、熱分布画像として表されます。赤外線エネルギーの大きさは熱エネルギーに比例する特性から赤外線エネルギーの強弱が温度分布され、建物の故障部分がハッキリと分かります。
弊社は最新型の高性能赤外線カメラを使用し、建物外壁塗装やタイルの浮きや剥がれ、劣化の状況を赤外線の特性を使用して調査します。手の届かないところや、目に見えないところも逃さず調査できます。
実績
澤田建築事務所は新築のマンションやオフィスビルなどの設計をすることにより、建築物の維持監理の大切さをより深く理解しています。一級建築士による定期調査・検査を行うことであなたの財産を守りませんか。
代表的物件
中京大学 名古屋キャンパス
中京大学 豊田キャンパス
ビッグカメラ・名古屋ニューグランドホテル
アルティメイトタワー栄Ⅴ
お問い合わせ